たかの友梨のクーリングオフ

2013年06月24日

たかの友梨のクーリングオフ

私が最終的にたどり着いたエステはこちらぴかぴか(新しい)

私はたかの友梨に体験エステに行った際、帰り際、勧誘攻めに遭って帰してもらえそうになかったので、すぐさまクーリングオフする覚悟で、契約書にサインをしたんですよね。

その時、体験料金は後日でよいので、入会金を払うように言われ、また、次回の予約日も取らされましたもうやだ〜(悲しい顔)

会員になるにはそれだけではダメで、別会社の“審査”に通る必要があり(収入・年収確認か何かの関係で)、その時点ではまだ審査に通っていませんでしたので、“契約完了”になったとは言えないのでしょうが、後日、クーリングオフの電話をしました。

ご契約相談センターのフリーダイヤルが、たかの友梨のホームページに記載されていて、契約した日から8日間はクーリングオフができる旨も書かれています。

こんなに強引だから、すんなり解約できるのかとても不安でしたが、こういうことは一刻でも早い方が良いと思い、勇気を出して実行しました手(グー)

しかし、対応してくださった女性は、とても感じが良く、強引に契約したことと次回の予約を取ったことを丁寧に謝罪してくださり、入会金−体験料金の過払い分は、すぐに振り込みますとのことでした。

また、良ければ、店舗名とその時の担当者名も教えて欲しいと言われ、教えると、きちんとお叱りしておくようなことも言われましたよ。

既に“会員証”なる物ももらっていましたので、それも送り返して、無事にクーリングオフは完了できたという訳ですわーい(嬉しい顔)

因みに、クーリングオフ期間経過後も、中途解約が可能ですので、諦めないでくださいね(返金の金額がどうなるかは定かではないですが)。

“クーリングオフ”はできれば避けたいことですが、やむを得ず必要な場合でも、たかの友梨では、誠実に対応してくれますので、泣き寝入りなどせず、思い切って実行してください。

私が最終的にたどり着いたエステはこちらぴかぴか(新しい)




posted by たかの友梨口コミひろこ at 07:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。