たかの友梨体験の流れ

2013年06月13日

たかの友梨体験の流れ

私が最終的にたどり着いたエステはこちらぴかぴか(新しい)

たかの友梨で“体験エステ”を受ける流れは以下のようになります。

@予約をする
方法は、公式ホームページ上の“体験お申し込はこちら”からフォームで申し込むか、行きたい店舗先に直接電話するか、の2つです。

自分が予約したコースにもよりますが、当日は2時間半〜3時間前後のお時間をいただく旨を言われますので、時間的に余裕のある日にちで選びましょう。

A予約日時に店舗へ行く
もし今後本契約して通いたいと思っているなら、入店した時の印象やスタッフさんの雰囲気なども、この時意識して見ておくと良いです。

やはり、一流のサロン店なだけに、一歩入ると、清潔感漂う“異国の地”のような感じ、スタッフさんもハキハキと元気よく接客していましたわーい(嬉しい顔)

まずは、“カウンセリングルーム”のような小さな個室で、カウンセリング、用紙に記入したり、肌などの悩みを告げたりして、重点的に施術してもらう所を決めたりします。

B施術(エステ)を受ける
そして、茶色が基調の落ち着いたロッカールーム(更衣室)に案内され、真新しいバスローブとスリッパに着替えます。

私は、フェイシャルコースでしたので、まず、現在の顔を特殊な機械で撮り、専用の機器で施術前のシミやしわなどの状態を見ます。

そして、クレンジングやマッサージやパックなど、ほとんどエステシャンのオールハンドでやってくれて、あまりの気持ち良さにウトウトしてしまうほどでした。

C施術終了、帰る準備
私が受けたコースは60分間でしたので、施術中は時計は見れませんが、ほぼ60分間みっちりやってくれました。

終わったら、施術後の状態をまた特殊機械で撮影します。

ロッカールームを出たすぐ隣には、パウダールーム(お化粧室)もあり、置いてある化粧品類やドライヤーは使い放題ですので、顔や髪を整えて、帰る準備をしましょう手(グー)

D説明、会計など
帰れる状態になったら、入り口前の受付(会計)へ行き、施術前後の顔写真を比べて効果を見たり、サロンの説明・契約についてなど色々お話を聞いたりして、体験料金を払って終了です。

「体験エステに行ったことがないのでイメージがつかめない」「敷居の高い“たかの友梨”なので、体験で何か特別なことをされるのではないか」と思われる人もいますが、流れ的には以上で、“最後の長々としたお話”以外は特別なことはありませんでした。

因みに、たかの友梨の公式ホームページには、体験エステをムービーでひと通り見られるようになっていますので、気になる方はまず見てみてください目

私が最終的にたどり着いたエステはこちらぴかぴか(新しい)




posted by たかの友梨口コミひろこ at 11:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。